「神山すだち住民」の皆さまに“おすそわけ便”を送付しました

神山すだち住民(ふるさと納税者)の皆さまに、神山の秋の恵みが詰まった“おすそわけ便”をお送りしました!

おすそわけ便

今回のおすそわけ便は・・・

◎神山すだち
◎新米(ハナエチゼン)
◎すだちを絞りたくなる秋野菜(げんこつ椎茸、秋なす、みょうが、大根葉)
◎もろみ

おすそわけ便便り

 

すだちは、里山みらいが今年、高齢のため止む無く伐採も検討されていた農家さんの木を引き継ぎ、栽培に初挑戦したもの。「もっと草を刈らなあかん」「枝を切りすぎとる」など、あれこれ指導をしていただきながら、汗をかきかき育てたすだちが無事に実をつけ、一つ一つ隊員が摘み取りました。無農薬栽培のため、外見は色むら・虫食い等ありますが、香り高さは神山すだちそのものです。

 

お米は、耕作放棄されていた田んぼで、全量買い取りを条件に無農薬で育てていただきました。

 

げんこつ程の大きさの椎茸は「神山椎茸生産販売協同組合」、他の野菜は地元の生産者グループ「里山の会」の皆さまが育てた、朝採れの有機野菜です。

 

もろみは「下分生活改善グループ」のお母さんたちが丹精を込めて作ってくれました。

 

里山みらい新聞

 

隊員手書きの説明書と、9月15日に発行された“神山のいまとむかしを伝える新聞「里山みらい」第1号”(特集「神山すだち」 座談会・これまでの50年、これからの50年)も同封しています。

 

今はふるさとを離れて暮らしているけどいつかは帰りたい。一度田舎で暮らしてみたい、いつ行っても迎えてくれるふるさとを訪ねてみたい・・・。

 

そんな方々の“心のふるさと”になるため、神山町では「すだち住民課」(ふるさと納税)を開設し、里山みらいがおすそわけ便の発送作業を行っています。

 

15,000円以上納税していただいた方には、年3回のおすそわけ便を送付させていただきます。

 

 

 

 

次回のおすそわけ便は12月に発送予定。神山すだち住民課への登録も、引き続きお待ちしています!

 

 

おすそわけ便2