5つの梅干し食べ比べ「神山ルビィ利き梅干しセット」正式販売開始

NPO法人里山みらいでは5月27日(水)から、5つの「神山ルビイ」(梅干し)の食べ比べが楽しめるギフトセット「神山ルビイ利き梅干しセット」(税抜1800円)の正式販売を開始します。

 

set01

同セットは、神山町神領の里山みらい事務所で今年3月1日~22日まで開催した 「樽解禁 神山ルビィアワード2015」で先行発売したもので、限定数100個が完売となっていました。

セット内容は、「大梅」(4Lサイズの南高、生産者:大久保定一)、「南高」(生産者:海老名良子)、「古梅」(南高の10年物、生産者:森君子)、「林州」(生産者:森弘子)、「小梅」(同:藤岡仁人)の5種類(計250g)。昔ながらの製法にこだわり、添加物は一切加えずに塩と紫蘇のみで漬けこんだ梅干しです。また、品種と生産者を記載した説明カードも同梱しています。

 

パッケージデザインは神山町内にサテライトオフィスを構えているデザイナーに依頼。梅干しがマクロビオティックで海外の注目を集めていることから、同梱の説明カードには英語も併記。海外観光客も購入できる仕様に

パッケージは町内にサテライトオフィスを構えているデザイナーに依頼。梅干しがマクロビオティックで海外の注目を集めていることから、同梱の説明カードには英語も併記。海外観光客も購入できる仕様に

 

 

●阪急うめだ本店で開催の「森のマーケット」でも

販売は、神山町の里山みらい事務所で取扱いするほか、今月27日から6月1日まで阪急うめだ本店で開催される「石村由起子/住まう空間・暮らしの道具」の「森のマーケット」でも販売します。

 

http://www.kuruminoki.co.jp/ichijyo/event/2015/05/27-194928.html

 

同イベントは奈良の人気カフェ&雑貨店「くるみの木」オーナー石村由起子さんが日本各地で出会ったモノ・コトを紹介するというもので、神山ルビィセットは「神山手づくり良品」の一品として紹介されます。会場では「神山ルビイアワード2015」の受賞者3名の梅干し(各300gパック)も販売します。

ruby300