神山すだち住民課

「都会に住むか、田舎に住むか。」

「都会に住むか、田舎に住むか。」

そんな問いかけはあまり意味を持たなくなってきたかもしれません。物流や情報インフラの普及で田舎に居ても生活や仕事をすることに不便を感じなくなってきています。また都会に暮らしていても思い立った時に気軽に訪ねる田舎もあります。

今はふるさとを離れて都会で暮らしているけれどいつかはふるさとに帰りたい。都会生まれ、都会育ちだけど、私だって一度は山や田に囲まれたふるさとで暮らしてみたい。都会の暮らしはやめたくないけど、いつ行っても迎え入れてくれる人達がいるふるさとを訪ねてみたい。

そんな“ふるさと“になるため、徳島県神山町は「神山すだち住民課」を開設しました。

神山すだち住民になると・・・

2000円以上、ふるさと納税(※)していただいた方にはもれなく「すだち住民証」と里山の暮らしぶりが伝わる里山みらい新聞(年3回発行)をお届けします。

さらに、15,000円以上の方には、神山の獲れたて新鮮野菜やお米などの特産品を”おすそわけ”します(年3回)。また、 “里帰り”体験ツアーや災害時の“疎開”なども準備中。すだち住民ならでは特典をご期待ください。


「すだち住民証」交付

神山町内協賛施設の割引など様々な特典をご用意しています。

「里山みらい新聞」配達

多様な人が集まる神山の今や伝統文化などを掲載。

「おすそわけ便」直送

神山すだちや、伝統梅干し、山菜や椎茸、こんにゃく、
干し芋、お米など、里山ならではの恵みを直送します

※ふるさと納税とは

ふるさと(応援したい市町村)に対する寄附金のこと。個人が2000円を超える寄附をした際、所得税・個人住民税から控除が受けられるというものです。

住民登録方法

里山みらいホームページまたはお電話(050-2024-4925)でお申し込みください。

登録の流れ
・住民登録

・ご入金

・住民証発行

「NPO里山みらい」とは

「長年受け継がれてきた里山を次の世代に残したい」を合言葉に地域おこし協力隊を中心に誕生したNPO法人です。心和む風景、棚田、湧き出る水、じいちゃんやばあちゃんの自然と共に生きる知恵…そんな尊いものの詰まった場所である里山。都市の人、田舎の人、外国人も一緒に知恵を出し合って、古くて新しいみんなの里山を目指しています。

※この事業は神山町から委託を受けて実施するものです。

神山町概要

四国の田舎まち徳島県神山町は、人口6000人、お遍路さんへの「お接待文化」が残る心豊かな町です。日本一の生産量を誇るすだちや徳島県一の梅干しなど大自然が生み出す新鮮な果実や野菜、美味しい水に恵まれ、子ども達は健やかに成長しています。

また、全国屈指のインターネット環境が整い、サテライト企業の参入やアーティストの招聘など、多様な「人」「事」が集う町として知られています。

四国霊場88カ所の12番札所である焼山寺

1999年から続きアーティスト・イン・レジデンス、
毎年3名のアーティストが滞在し作品を残していく

古民家を改装したサテライトオフィス

神山町内協賛施設一覧

<宿泊施設>


<お土産・ショップ>


<飲食店>


<その他>