「春のおすそわけ便」をお届けしました

今まさに桜が満開の神山町から、神山すだち住民課の皆さまに、春爛漫の里山のめぐみをお届けするおすそわけ便をお送りいたしました。

FHP_0321_7941

 

今回のテーマは「お弁当を持って外に出かけたくなる“おすそわけ”」です。

 

<春のおすそわけ便内容>

・白桃農園のお米(白桃農園)

・神山ルビィ(大久保定一さん/由圭里さん)

・カミヤマメイト・さくら味(food hub project)

・田舎こんにゃく(里山の会)

・滝上さんの干し芋(滝上恵美子さん

・げんこつ椎茸(神山椎茸協同組合)

・里山のお野菜(里山の会)*何が届くかはお楽しみに

・切り干し大根(里山の会)

・田舎のお漬け物(里山の会)

・デコポン(藤森正三さん)

 

白米に神山ルビィ。この間違いなく美味しい組み合わせをお楽しみいただけます。日の丸弁当をもって、お花見も良いですね。
毎回好評をいただき、もはや定番となった神山しいたけや、里山の会さんのお野菜も入っていますが、今回初登場の農家さんもいらっしゃいます。滝上さんの干し芋は、鳴門金時を丁寧に湯がいて、天日干ししており、噛めば噛むほど甘味が広がります。藤森さんのデコポンは、土づくりからこだわり、酸味と甘みのバランスが絶妙でとっても美味しいですよ。food hub projectは、農業を次世代につなぐことを目的とし、神山に生まれた新会社です。今回は、そこの看板商品、カミヤマメイトのさくら味。小麦に米ぬかを混ぜたおやつです。

オディ手描きの、それぞれの食材のこだわりやおすすめの食べ方、まーやんのおすすめレシピも同封しています。
EPSON MFP image

2,000円以上の納付で「すだち住民証」と「里山みらい新聞」を、15,000円以上ご納付いただいた方には、おすそわけ便を年に3回お送りしています。
採れたて野菜やお米、加工品など、体に優しく、生産者さんのぬくもりが伝わるような神山の特産品を、里山みらいが選んでお届けします。

FHP_0321_7930FHP_0321_7943

都市に住む人と、里山に住む人が手をとりあって、古くて新しいみんなの故郷を作っていく・・・。
そんな神山の取り組みを、すだち住民としてもぜひ応援してください!
(この事業は、里山みらいが神山町からの委託を受けて実施しています。)

 

↓「神山すだち住民課」について詳しくはこちら
http://satoyama-mirai.jp/sudachi-jyumin

Tweet about this on TwitterShare on Facebook