「神山すだち鶏天巡り」が始まります!

9月1日(火)から10月12日(月・祝)まで、神山町内の飲食店を舞台に「神山すだち鶏天巡り」が始まります。

日本一のすだちの生産地、徳島県神山町で、すだちを知り尽くした地元の料理人達が、旬の「神山すだち」とすだちを食べて育った「阿波すだち鶏」を使った新メニューを創作。旬のすだちを贅沢に使った揚げたての“神山すだち鶏天”をお召し上がりください!

神山すだち鶏天巡り_ポスター

 

“神山すだち鶏天”が食べられるお店は…(詳しい内容や営業時間等は、MAPでご確認ください。)

茶房 松葉庵

café ELEVEN

梅里

道の駅「温泉の里 神山」

Café on y va(カフェオニヴァ)

535(ゴミサンク)

田中屋

マスの家(神山スキーランド)

観月茶屋

(順不動)

売り切れの場合もあるかもしれませんが、どうぞご了承ください。

toriten_map (1)

 

“神山すだち鶏天”とは!?

おいしさの秘密1:徳島のブランド鶏「阿波すだち鶏」を使用

すだちを食べて育つという徳島ならではの環境で育まれた「阿波すだち鶏」。すだち果汁に漬け込むことで、タンパク質の分解が進み、肉の柔らかさとうまみがアップします。

 

おいしさの秘密2:天ぷらなのにヘルシー!?

衣には町内産の米粉を使用。米粉を使うことで油の吸収を抑え、カラっと揚がります。また、すだちの果皮に含まれる「スダチチン」には、代謝をアップさせる効果があると注目されています。

 

おいしさの秘密3:地元の料理人達による食の饗宴

神山すだちの魅力を伝えるべく、町内の料理人達が「里山料理研究会」を立ち上げ、すだちの味を引き立てる新メニューを検討して生まれたのが“神山すだち鶏天”。今回のイベントでは、様々なジャンルの9店舗の料理人達が、創意工夫を凝らしたそれぞれの店の“神山すだち鶏天”を提供します。

 

 

9人9皿、9店9味の“神山すだち鶏天”。どの一皿から召し上がられますか?

日本一のすだちの里神山に、旬の神山すだちを贅沢に使った“神山すだち鶏天”を食べにお越しください!

 

主催:里山料理研究会、NPO法人 里山みらい
共催:神山鬼籠野みどり会
後援:神山町、神山町商工会

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook