里山みらいとは?

じいちゃんとの出会いが活動の原点です。

山の上に暮らすじいちゃんは、何万個と並ぶ梅干しのヘタを一粒ずつ楊枝で取り除く、妥協を知らない梅農家。山から水を引き、食べる物は自分で育て、訪ねるといつもはにかんだ笑顔で迎えてくれます。深い緑の山とそれを貫くように流れる青い川。豊かな自然に抱かれ、この町の人と暮らすうちに、人として尊いものが里山にはあふれている、と気づかされました。と同時に消えつつあるんだとも。

今の日本は過疎過密状態で、神山町のような山間地では、人口流出により「里山」の存続が困難な場所も少なくありません。野生と人間の営みのバランスは崩れ、田畑の耕作、水源の確保等も、どんどん難しくなってきています。ひいては、日本の原風景が存続の危機にあるのです。

古くて新しいみんなの里山をつくろう

幸いなことに、神山町には全国屈指の高速通信環境が整備され、都市部からの移住者も増えてきています。それに伴い未来に希望をもつ住民も増えてきました。そんな土地柄を生かして、古くて新しいワクワクするような里山を創ろう。そう思い小さな一歩を踏み出しました。
私たち里山みらいの目指す「里山の未来」は、
じいちゃんたちが大切にしてきた自然と共に生きる知恵や謙虚な姿勢を受け継いでいること。
さらに多種多様な人の知恵・技術により、作物を育てる、木を伐るといった人間の根幹である営みに新たな価値が創造され、持続可能な「みんなの里山」になっていること。

そのために私たちは、様々な人をつなぎ、生まれたアイデアを形にしていきます。都市に住む人も、里に暮らす人も、ともに支えあうみんなの里山を一緒に創っていきたいと思っています。

2015年4月 里山みらい理事長 有正あかね

主な活動

里山の新しい価値を創造する活動

about_katsudo_img14about_katsudo_img13about_katsudo_img10
町外から移り住んできたからこそ見つけられる町内の宝物。
それらの物に新しい価値を付け、商品開発・PR・販売などを行っています。
●東京すだち遍路
都会では手に入らない「B品のすだち(多少の傷はあるが味は問題ないもの)」を活用して、里山の農家と都会のシェフをつなぎ、すだちの新たな魅力を創出しています。
すだちの旬である9月ごろ、都内複数の飲食店でシェフの趣向を凝らしたすだち料理が提供される
PRイベントです。
東京すだち遍路 公式サイト
また香り高い「神山すだち」をブランド化し販売促進しています。
●神山ルビイ
梅と塩と紫蘇だけで漬けた昔ながらのすっぱい梅干し。
それを宝石に見立て「神山ルビイ」として販売しています。
農家さんごとに味の違う梅干しを食べ比べ、お気に入りのものに投票するイベントや食べ比べできる「利き梅干しセット」を商品開発し販売しています。

里山と都会の新しいつながりを創る活動

about_katsudo_img02about_katsudo_img01
少子高齢化により様々な課題を抱える里山。
一方でいまはインターネットによりどこにいても「つながり」を創れる時代です。
それならば暮らす場所に関わらず、ともに支えあう「みんなの里山」を創っていこうと活動をしています。
●神山すだち住民課
ふるさと納税の制度を利用した「みんなのふるさとづくり」の取り組み。
登録者には「すだち住民票」や神山町の「いまとむかし」を伝える新聞をお届け。
一定金額以上の寄附で、私たちが自信をもっておすすめできる町内の産品が詰まった「おすそわけ便」を年3回お届けしています。
●里山八百物店
市場には出回らないけれど町内にあふれている「良い物」を産地直送販売しています。
現在は、まとまった量をご注文いただけるご縁のある飲食店に対して、「B品すだち」を中心にお取り扱いしています。

里山の自然環境や伝統文化を伝え継ぐ活動

about_katsudo_img04about_katsudo_img07
町外で暮らす方には、いつまでもふるさとを身近に感じてもらう一つの媒体として。
また町内の方には、町の人の想いを知り、これからの暮らしを考えるきっかけづくりとして神山のいまとむかしを伝えています。
●「里山みらい」新聞の発行
年3回情報誌を制作し、神山町民や県内外の協力店舗、すだち住民の方へ配布しています。
●HPやFacebookでの情報発信
里山みらいの取り組みを中心に、神山町の「いま」を発信しています。

里山の暮らしに対する人材育成を行う活動

about_katsudo_img08about_katsudo_img09
次世代を担う人たちを対象に、里山の自然や伝統文化を体感し学ぶプログラムを企画実施しています。
●「神山森あそび隊」の企画実施
幼児の親子を対象とした、森あそびのプログラムです。神山のヘソである大粟山を親子でのんびり歩き、森に親しむ機会を提供しています。
●農家民泊の推進〈検討中)

組織概要

名 称
特定非営利活動法人 里山みらい 設立趣旨書(PDF69k)
所在地
徳島県名西郡神山町神領字本上角100-4
設 立
2015年4月
メール
info@satoyama-mirai.jp
電話・FAX
050-2024-4925

アクセス

住 所
〒771-3310 徳島県名西郡神山町神領字本上角100-4
駐車場:約3台
イベント開催時など混雑が予想される場合は、近隣の「創造の森駐車場」(徒歩5分)をご利用ください。※上記地図内をご参照ください
アクセス
  • 徳島駅より路線バスで約60分
  • 徳島高松自動車道板野ICから約27km 車で約60分
  • 徳島自動車道藍住ICから約27km 車で約60分

スタッフ紹介

<理事>

<監事>

<プロジェクトスタッフ>